視差効果とは

視差効果(Parallax Effect)とは画面内に奥行きを表現するためにiOS7より導入された新機能です。

この機能では従来の壁紙を設定すると拡大して表示されてしまいます。

視差効果あり 視差効果なし

視差効果については「設定」≫「一般」≫「アクセシビリティ」≫「視差効果を減らす」の設定をオン↔オフと切り換えることで変更することができます。

iPhone壁紙取り放題では「視差効果を減らす」の設定にそれぞれ合わせた壁紙を配信していますので、設定がオフのお客様はオレンジ枠、オンのお客様はブルー枠より壁紙のダウンロードをお願いいたします。

「視差効果を減らす」の設定がオン用とオフ用でデザインが異なる場合があります。

ボタントップ